インスタ映え!話題のオシャレ過ぎる植物標本ハーバリウムを徹底解説

女性の新しい起業の形を応援する野村麻美子です。

最近、ハーバリウムって聞いたことありませんか?

一体何でしょうね?聞きなれないワードですよね。

ハーバリウムとは植物標本のことなんです。

透明なボトルに草花とオイルが詰め込まれたなんともおしゃれな観賞用アレンジ。

今このハーバリウムが、「インスタ映え」「フォトジェニック」と話題になっているのです。

今回はこの「ハーバリウム」について調べてみました。

どんなハーバリウムがあるの?どこで購入できるの?

またどうやら意外と簡単に手作りできてしまうらしいのです。

そこで、どうしたら手作りできるの?材料や作り方についても調査しました。

1 ハーバリウムとは

ハーバリウムとは、瓶で楽しむアレンジの1つです。

プリザーブドフラワーやドライフラワーと専用のオイルを、透明なボトルに詰めるハーバリウム。

今まさに人気急上昇中の観賞用アレンジです。

もともとは植物標本の事をさす言葉ですが、最近はこのプリザーブドフラワーやドライフラワーをオイルと一緒に詰め込んだボトルを「ハーバリウム」と呼ぶようになってきました。

水やりなどの手入れを気にせず綺麗な花や植物が長期間楽しめることで人気ですし、何と言ってもおしゃれ!

とにかくおしゃれさんなんですよ~このハーバリウムさん!

部屋のインテリアとして、そっと置きたい。そんな感じ。

なぜこんなに話題になっているか、つまりフォトジェニックだからなんです。

ハーバリウムで使われるオイルは外の光を取り入れて、その光はボトルの中で様々な方向に反射します。

そうすると、ボトルの中のお花たちがスポットライトを浴びたようになるのです。

まさにフォトジェニック!

SNSなどで、拡散する理由も納得です。

瓶を使ったアレンジにはハーバリウムの他にもあります。

  • ボトルフラワー

「ボトルの中に様々な花材や資材を詰め込んでつくるボトルフラワー。アンティーク調のガラス瓶からカジュアルな100均などのプラスチック製まで、使うボトルによってさまざまなアレンジを楽しむことができます。」

 

 

@cesko_isがシェアした投稿

  • ゼリー状アレンジ(フラワーゼリー)

「花材を入れたグラスなどに、熱したクリアジェルを流し込んで作るゼリー状アレンジ。ジェルキャンドル用のジェルでも制作は可能ですが、専用のクリアジェルを使う方が美しく仕上がります。」

 

fleurirさん(@fleurir_lesson)がシェアした投稿

 

yukieさん(@_____u9u)がシェアした投稿

思い出してみると、今までボトルに入ったアレンジって見てきた気がしますね!

そういう意味でハーバリウムは今まで見たことがないので、新しくて飛びつきたくなります♪

2 どんなハーバリウムがあるの?

さてさて、どんなハーバリウムがあるんでしょう!

instagramで検索すると沢山出てきました~

こちらは王道のハーバリウムですね。

 

de candollyさん(@nagasawa_mi)がシェアした投稿

電球型もあります。

アクセサリーも♪

 

himiさん(@himi.blackcat)がシェアした投稿

ハーバリウムランプ!アルコールランプみたいでおしゃれ!

 

saikaさん(@salon_saika)がシェアした投稿

ハーバリウム、もちろん購入することもできます。

creemaでもたくさん売られています。

minneにも!

キットなどもあって、便利です。

ハーバリウムランプも良いですね♪

今沢山のハーバリウムが売られています。

お部屋の雰囲気に合うハーバリウムを探すのも楽しいですね!

3 ハーバリウムの材料

ハーバリウムはどのような材料で出来ているんでしょう。

とってもシンプル!

  • ハーバリウムオイル
  • 花材
  • オイルを入れるガラス瓶

道具は以下のものです。

  • ピンセット
  • ハサミ

すぐに揃えられそうですね。

材料を揃える時のポイントをいくつかお伝えします。

3-1 ハーバリウムオイルは市販のものを使おう

今は通販などでハーバリウムオイルが簡単に手に入るようになりました。

それ以前は身近なものとして、ドラッグストアで買えるベビーオイルなどで代用されるケースもありました。

身近なもので作り、自分なりに工夫していくのも一つの楽しみとも言えますね。

現在、市販のハーバリウムオイルは高純度のミネラルオイルシリコーンオイルなどが一般的です。

高純度のオイルを使用することで、オイル自体の劣化が防げるため長く美しい状態を保つことができます。

手作りする場合、長く透明感を楽しみたい場合は市販のハーバリウムオイルを使うことをおススメします

3-2 花材はドライフラワーかプリザーブドフラワーを使用しよう

ハーバリウムに生花は使えないのでしょうか?

答えは「使えません

ハーバリウムオイルに生花を入れると、すぐにカビの発生や腐敗が生じるので、ハーバリウムの花材として適していません。

ハーバリウムに適しているのは、

  • ドライフラワー
  • プリザーブドフラワー

など、水分を抜いて乾燥させる加工を経た花材です。

もちろん、これらの花材であっても、高温多湿な環境を避けた場所で管理され、よく乾燥させたものであることがハーバリウム作品の美しさを長く保つ条件になります。

3-3 瓶は清潔なものを使いましょう!

瓶も何種類か市販されています。

市販のものも良いのですが、ご自分で大切にされていた可愛い小瓶などにアレンジしてみたいですよね!

その場合、口が大きいものならば良いですね

また、お手持ちの瓶などを利用する場合は、汚れや残留物を洗浄し、完全に乾燥させてから使用して下さい

容器内に水分が残っていると、オイルを入れた後にカビや藻などが発生する場合があります。

綺麗にして使用し、アンティークの瓶などで自分オリジナルのハーバリウムを作るのも良いですね♪

4 ハーバリウムの作り方

ここまで見ていくと、作りたくなってきますね!

と言うことで、作り方を簡単にまとめてみました。

  1. 材料を小さめにカットする
  2. ピンセットを使い、瓶の中に配置していく
  3. ハーバリウムオイルを入れる
  4. 完成!

なんて、簡単なんでしょう。

作り方の動画も見つけました!

これを見ればどなたでも簡単に出来ますね!

と言うことで、私もハーバリウム作りに挑戦してみました。

用意したものはこちら。

まずは瓶とハーバリウムオイル。

今回こちらもセットを購入しました。

安くて試しで作るにはお手頃です。

自宅にあった適当なドライフラワーとプリザーブド加工されたグリーンを用意しました。

花材を詰めて詰めて、オイルを入れて、出来上がり~♪とっても簡単!

作業はとても単純ですが、作る時にこんな点に気を付けるともっと上手にできると思いました。

  • 花材は瓶に入れる前に入れた時をイメージしてまずは机の上に置いてみる
  • 花材は細かくカットして入れていく
  • なるべく隙間を少なく入れていく
  • オイルを入れたらしばらく気泡が抜けるまでふたを開けて放置しておく

参考にしてみてください。

5 まとめ

今話題のハーバリウムについて調べました。

理科実験のような雰囲気を醸しながらもおしゃれなハーバリウム、いかがでしたか?

お手頃な値段で販売されているので、自分用でもプレゼントにも最適です。

またとっても簡単に作れますので、ご自分で挑戦してみるのも楽しいですよ♪

その際はキチンとしたオイルや材料を使うことで、美しい状態を長く楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です